総量規制の対象外になるカードローン

総量規制対象外のカードローン〜借りれるところの審査情報

金利?限度額?借り換え?気になる総量規制対象外のカードローン

当サイトは、個人向けの融資の中で、総量規制対象外となっているカードローンに焦点を当ててピックアップしています。

 

総量規制とは、利用者の年収の三分の一以上の融資を禁じる規制のことです。総量規制によって融資を禁じるのは貸金業者に対してであって、カードローン利用者に対してではありません。つまり

 

『借りてはいけませんよ』ではなく、『貸してはいけませんよ』という規制

 

なのです。
このあたりのことは改正貸金業法で定められています。

 

『貸金業法のキホン』(金融庁)
『貸金業法について』総量規制対象外(貸金業協会ホームページ)

 

総量規制の対象となる貸金業者とは、消費者金融や信販会社(クレジットカード)のことを指します。クレジットカードの場合はショッピング枠ではなくキャッシング枠が総量規制対象となります。

 

総量規制の対象外となるカードローンとは上記以外のカードローンでいろいろありますが、特に銀行のカードローンが総量規制の対象外となることで有名です。

 

以下のサイトには銀行カードローンばかりが紹介されていますので、どれも総量規制対象外になります。消費者金融で借りられないという人はこうした専門サイトが推奨するカードローンを検討してみてください。

銀行カードローン

 

 

銀行以外にも農協のカードローンも総量規制対象外ですが、申込のハードルが高く、使い勝手もよくありませんので、総量規制対象外のカードローンを探している人は、銀行のカードローンを選択するということになります。

 

ただし、どこでも借りれるというわけではないですし、総量規制にかからないというだけで審査が甘いというわけでもありません。どのくらいでお金が必要なのか(時間的な速さ)、いくら必要なのか、今借りているカードローンなどの借金の金利はいくらなのか、、、など、自分のニーズに合ったカードローンの審査に申し込むことが肝要です。

 

また、銀行でありながら、最短だと即日融資に対応しているところもあります。
最短最速でなおかつ総量規制対象外のところからお金を借りたいという方には即日融資対応をしているところがおすすめになります。

 

そのほかにも借り換えに利用したい場合、高額融資を受けたい場合、無利息期間があるところを利用したい場合など、その人の状況に応じていろいろなカードローンがあります。

 

 

街金の中には『総量規制関係なく融資します』と謳っているところもありますが、間違ってもそういった業者から借りないように気をつけてください。街金はすべて総量規制の対象となります。もし貸せるという場合は違法貸付の可能性がかなり高くなります。

総量規制が存在する理由や意味とは

総量規制は平成22年の貸金業法の改正に伴い改められた制度・規制になります。これにより多くの利用者と消費者金融が多大な影響をうけました。

 

何故、総量規制をしなければならなかったのか、その意味とはどんなものなのでしょうか。

 

総量規制が実施されるまでは、借入金額に決まった上限がなかったのですが、上限がないために多重債務での借金という問題が大きな社会問題として存在していました。中でも、貸金業者による過剰な貸付けは、返済する能力があまりない人に審査もそこそこに多額のお金を貸し付けており、また、借りた人もお金を返済するために他のところから借り入れをする自転車操業状態になり、結果、多重債務者が急増、深刻な社会問題が発生したのです。

 

そうした問題を事前に防ぎ、多重債務者の増加に歯止めをかけることに総量規制の意義があります。融資してはならない基準を具体的に設定し、無理な貸付や借入ができないようになりました。

 

また、総量規制の名のもとに何でもかんでも規制対象とならないよう、住宅ローンや自動車ローンなどの大型ローン、クレジットカードのショッピング利用枠などは総量規制の対象外・あるいは例外として認められています。

 

当サイトでもご紹介しているとおり、消費者金融ではない銀行カードローンはそれに当てはまり、カードローン審査をキッチリと通過すれば、総量規制で決まっている年収の3分の1以上の金額を借り入れる事ができるのです。※これを総量規制対象外といいます

 

総量規制は、縛るための制度ではなく、守ってくれる制度になっていますので、ちゃんとした深い意味や理由があるのです。
また悪質な金融機関から守ってくれる大切な制度とも言えるでしょう。

 

 

 

総量規制の計算式に含めるものと含めなくても良いもの

貸金業法の総量規制の規定では、

 

年収等の3分の1を超える貸付

 

を原則として禁止しています。ここでポイントとなるのは「原則として禁止」という部分で、貸金業法施行規則には総量規制の「除外」となる貸付と「例外」となる貸付が定められています。

 

 

住宅ローンや高額医療費は『総量規制除外』

総量規制において「除外」となる貸付には、不動産の購入・改良が目的の貸付や、高額医療費の貸付、有価証券や不動産が担保の貸付、不動産の売却代金により返済が可能な貸付などがあります。確かに住宅ローンが総量規制の対象となってしまっては家の購入をした人は一切貸金業者から借り入れができないということになってしまいます。
「除外」の対象となっている貸付は、貸付残高自体には算入されますが、総量規制の貸付残高の計算式には含まれません。また、既に総量規制による制限いっぱいまで借り入れを行っていたとしても、除外の対象となっているものが借り入れ目的であれば、審査を経て借り入れができる可能性があります。

 

顧客にとって一方的に有利な借り換えであれば『総量規制の例外』

また「例外」となる貸付には、個人事業主に対する貸付や、緊急の医療費の貸付、顧客が一方的に有利となる借り換えなどがあります。例外の対象となる貸付は総量規制の貸付残高の計算式には含まれますが、年収の3分の1を超える部分については返済能力の有無を判断した上で、例外的に貸付ができます。ただし、例外の対象に該当する借り入れをした後に通常のお金の借り入れを行う場合は、例外の対象に該当する借り入れの総額も含めて年収等の3分の1以下になっていなければなりません。

 

また、一方的に有利になる貸し付けではおまとめローンが有名です。おまとめローンは既存の複数の借り入れをまとめることで借入先が絞り込まれることと一社から多くの融資を受けることになるのでより低金利での契約が可能であり、利用者にとってはメリットしかありません。そのため、アコムやアイフルなどの貸金業者であっても、おまとめローンの利用であれば総量規制対象外となります。(総量規制対象外(カードローン事典))

 

総量規制により専業主婦は借入できなくなるの?

総量規制によって全ての人は年収の3分の1しか借入ができなくなりました。専業主婦は基本的に年収自体がありませんので、消費者金融や信販会社といった貸金業者からの借入ができません。消費者金融であっっても配偶者の収入があり、配偶者の同意書があれば、その総量規制の中での借入は名目上は可能となっています。これを配偶者貸し付けといいます。
このような配偶者貸付は、返済能力があると判断されれば、借入は可能となっていますが、実際には取り入れている消費者金融はほぼ皆無であるため、実質的に専業主婦の方は消費者金融からの借り入れは不可能となっています。

 

では専業主婦のように収入がない人は全く借入ができないかというとそうではなくて、銀行であれば可能なところもあります。銀行カードローンは総量規制対象外だからですね。正々堂々と審査を受けて、通過できれば主婦であっても借入は可能なのです。

 

 

 

それでも年収3分の1は、一定の基準みたいなもので、対象外であっても、元々の収入が低い方は融資額も少なくなるでしょう。
また、住宅ローンなどの大型ローンは元々総量規制の対象になっていませんので、深く考えなくても良いかもしれません。
クレジットカードのショッピング枠も総量規制の対象ではありません(キャッシング枠が対象となります)。

 

ちょっと細かな区分けとなっていますが、要するに銀行であれば総量規制を気にすることなく審査を受けることが可能ということです。

 

総量規制の導入で進んだ銀行と消費者金融の連携と即日融資の貸し付け

総量規制には対象となるもの、対象外として利用できるものを把握する必要があります。

総量規制の対象となるのは消費者金融や信販会社などの貸金業法下の貸し付けです。銀行のカードローンに関しては銀行法が適用されるので貸金業法の規制である総量規制からは外れています。
また、割賦販売法での契約も総量規制対象外であり、分割払いの金額も含まれません。つまり、車や自動車のローンを組んでいても、その金額は含まれず、あくまでも貸金業者から借りている分で総量規制は計算されます。

 

即日融資など融資のスピードに関しては貸金業者・銀行共に差はみられません。貸し出し制限である総量規制とは異なるものです。

 

ただし、返済能力の調査の面で指定信用情報機関に加盟し、債務や取引情報を調べる点で審査の時間に関わってきます。この点は無担保・保証人不要の小口融資をリードしてきた消費者金融のノウハウや利点があり、銀行のカードローンの審査には保証会社としてついています。例えば某大手銀行のカードローン審査にはアコムが関係しています。他の銀行も保証会社としてアコムやプロミスが指定されていることが一般的です。アコムやプロミスは保証事業を一つの事業として行っているのです。
消費者金融が保証業務につくことで、貸金業者と比べて時間は多少掛かるものの即日融資を可能にしているといわれています。同じ個人向けの貸し付けでも消費者金融と銀行では審査スピードが違っていて、結果、即日融資の成否に差が出ていた訳ですが、ネット申込み・審査が主流になる中で審査時間の差は縮まりつつあります。とはいえ、銀行カードローンで即日融資に対応しているのは現状ではまだまだ限定的です。

 

 

 

総量規制はキャッシング枠も影響している

総量規制により、年収の3分の1しか借入が不可能になっていますが、クレジットカードのキャッシング枠とはどう関係しているのでしょうか。

 

実はキャッシング枠で借り入れた金額も総量規制でいう年収の3分の1に含まれていて、クレジットカードのキャッシング枠を利用しているほど、お金を融資して貰える金額が減ってしまうのです。

 

日本クレジットカード協会『ローン・キャッシングのご利用ルール変更について』

 

つまり、金融機関で一度も借入をしていない人であっても、何らかの用でキャッシングをし過ぎれば、収入状況によっては総量規制に引っ掛かってしまう事もありえるのです。

 

もちろん複数のクレジットカードを持っている場合でも、全ての金額を足して年収3分の1以内である必要があり、もう年収3分の1の金額を借り入れている状態だと、新たにキャッシングする事は難しいでしょう。当然、カードローンで新たに借りることも不可能になります。

 

もっとも、クレジットカードを作る時に、キャッシング枠を設定していない人だと、総量規制は元々関係ありませんので、対象外か否かを気にする必要はありません。ショッピング枠での利用は総量規制とは関係なく、キャッシング枠の金額と年収が重要になります。

 

このような総量規制との関係になっていますから、クレジットカードを持っている人でお金を借りようと考えている人は、キャッシング枠に注意して、どれくらいの金額を借り入れられるか計算してみると良いでしょう。