『返済能力がない方に融資できない/すべきでない』、としているのが総量規制のわかりやすい実態です。

 

この総量規制が導入される前は、

 

"明らかに返済能力に疑問のある方"
 "多重債務者"

 

にも貸し付けを行っていた実態もありました。
それを是正し、過剰な融資を抑制しているのが総量規制の仕組みです。

 

信用情報機関とは指定された機関が該当します。
これは内閣総理大臣の指定を受けたものであり、個人の情報の管理や過剰貸し付けに関して厳格な管理を行う専門機関です。
かつての信用情報機関は業界自ら立ち上げたものがあり、業界内で通用するものでもありました。
その中では銀行や信販会社などの他社の借り入れが分からないこともあり、返済能力以上に融資を膨らませるものになっていたのです。
これを指定の信用情報機関を通じての返済能力の調査を義務づけているのが現在の総量規制です。

 

指定されているのはJICCとCICの2社であり、貸金業者はこの二つの信用情報機関から返済や債務の状況を調べて新規の貸し付けを行っています。

 

 

 

 

 

融資を行う会社は加入することが法律でも規定されており、契約者の同意の下で審査が実行されています。
申込みの際に必ず必要となるのが信用情報機関の登録と照会です。
これを同意することで審査となり、その結果として融資が受けられるのが基本的な仕組みです。