総量規制の対象外になるカードローン

総量規制対象外となる銀行からの借入

消費者金融と銀行カードローンの明確な違い

少額のお金を借りる手段としては消費者金融のキャッシングが多く利用されていますが、銀行でもキャッシングと同様に少額のお金を借入れられるカードローンのサービスを提供しています。

 

キャッシングもカードローンも個人向けの貸付けであるという点で共通していますが、利用できる金額の上限に関しての大きな違いがあります。
消費者金融のキャッシングでは利用者の年収によって利用可能な額が決定されることになりますが、カードローンを利用しての借入れの場合、年収による借入可能な額の制限はありません。

 

このような違いが生じる原因となっているのが総量規制の存在です。総量規制では消費者金融などの利用者に対して貸金業者が貸付を行える上限額を年収の3分の1までとしています。すでに他の業者からその上限額までお金を借りているような人の場合、新規にキャッシングを申し込みことができない仕組みになっているのです。

 

キャッシングとは異なり、カードローンは総量規制対象外となっています。その理由はカードローンは銀行法に基づいて提供されているサービスだからです。そのため、カードローンには貸付け時の上限額を定めた法律はありません。そのため、総量規制対象外となっているのです。ですから、総量規制によってキャッシングでの貸付けを利用できないという人でも、総量規制対象外のカードローンならば利用できる可能性があるのです。