総量規制の対象から外れる借入

総量規制の対象から外れる融資

 

総量規制の対象から外れる融資記事一覧

不動産の購入時によく使われる融資といえば住宅ローン。マイホームを持つことが人生の夢という人も多く、普段は現金主義で借金は一切しないという人でも、住宅ローンだけは例外という人もいるようです。当然、金額も数十万円なんていう額ではなく、数千万円単位での借入となりますから、総量規制の話を聞いて不安に思う人もいらっしゃるかもしれません。でも大丈夫です。そもそも、住宅ローンは総量規制の適用からは除外されていま...

自動車を買う際にローンを利用される方も大勢いらっしゃいますが、自動車ローンも総量規制の対象からは外れてます。買い物をする際、どうしても金額的にローンを利用しないと難しいものがあります。住宅ローンがその典型ですが、自動車ローンもそのうちの一つと言って良いでしょう。都会に住んでいる人であれば、そういった場合は公共交通機関を利用すれば事足りますが、地方になると都市部出会っても公共交通機関はそれほど利便性...

貸金業法の改正によって、総量規制が運用されることとなりました。背景には多重債務者問題があるとされています。これによって年収の3分の1を超える個人の借入に対しては総量規制の対象となり、それ以上は借入ができなくなったのです。これは消費者の安全の保護を目的としていますが、例外の取り扱いがあり、その一部が総量規制対象外となります。一例を上げると、借り換え目的のおまとめローンについては総量規制対象外となりま...

総量規制対象外となり、様々な面で優遇されているのが信用金庫や農協系のカードローンです。ノンバンク系のキャッシングなどの金融商品の場合、貸付の限度額が年収の3分の1までという、いわゆる総量規制の対象となることがあります。しかし、同じようなローンであってもクレジットカードによる割賦であれば商品の購入に際しては総量規制対象外となることから、信販会社などは新規獲得に意欲を見せています。一方、いわゆる消費者...

このサイトないでも何度も言及していますが、消費者金融や信販会社などの貸金業者を利用してお金を借り入れる場合には、総量規制という規制が適用されます。貸金業法上の定めであり、年収の3分の1以上の融資をしてはならないという取り決めが根拠になっています。基本的には"収入のない人、収入の少ない人が借金漬けにならないように"という目的の基に定められた規制で、正社員といった正規雇用の人にとってはそれほど厳しい規...