不動産の購入時によく使われる融資といえば住宅ローン。マイホームを持つことが人生の夢という人も多く、普段は現金主義で借金は一切しないという人でも、住宅ローンだけは例外という人もいるようです。当然、金額も数十万円なんていう額ではなく、数千万円単位での借入となりますから、総量規制の話を聞いて不安に思う人もいらっしゃるかもしれません。

 

でも大丈夫です。そもそも、住宅ローンは総量規制の適用からは除外されています。つまり、不動産購入に関する借入の場合は総量規制を気にする必要はありません。日本貸金業協会のホームページ上でも、

 

不動産購入または不動産に改良のための貸付

 

は総量規制の適用除外と明記されています。
ですから、年収によって住宅ローンが一律借りられなくなるということはありませんし、今現在住宅ローンを抱えていたとしても、新たな借入ができないというわけでもありません。
ただし、注意もあります。
いくら住宅ローンが総量規制の適用から外れるとはいっても、収入と支出のバランスから融資の可否は判断されますので、万一、収入に比べて支出が多く、融資しても回収の見込みが低いという判断がされればカードローンなどの借入はできません。もちろん、住宅ローンを組むこともできません。
その辺りは総量規制導入前と何ら変わっていませんから注意が必要です。

関連ページ

自動車ローンも総量規制の対象ではありません。
総量規制外のカードローンをピックアップして比較しています。金利や融資の限度額、即日融資への対応などいろいろな銀行カードローンを厳選しています。
借り換えローンは限度額も高額で総量規制対象外
総量規制外のカードローンをピックアップして比較しています。金利や融資の限度額、即日融資への対応などいろいろな銀行カードローンを厳選しています。
総量規制対象外の信用金庫カードローンの金利
総量規制外のカードローンをピックアップして比較しています。金利や融資の限度額、即日融資への対応などいろいろな銀行カードローンを厳選しています。
専業主婦が総量規制対象外の農協で借りれるか
総量規制外のカードローンをピックアップして比較しています。金利や融資の限度額、即日融資への対応などいろいろな銀行カードローンを厳選しています。