貸金業法の改正によって、総量規制が運用されることとなりました。背景には多重債務者問題があるとされています。

 

これによって年収の3分の1を超える個人の借入に対しては総量規制の対象となり、それ以上は借入ができなくなったのです。これは消費者の安全の保護を目的としていますが、例外の取り扱いがあり、その一部が総量規制対象外となります。

 

一例を上げると、借り換え目的のおまとめローンについては総量規制対象外となります。借り換えローンというのは、借り入れを行う消費者側のメリットが大きいためこのような取り決めがされています。また、ノンバンク系にとっても返済計画を立てやすく、返済の見通しが立てやすくなるので貸し付けの限度額を高くしてより有利な条件で融資を行っています。
このように、利用者にとってメリットしかないタイプのローンについては、総量規制対象外となるわけです。毎月の返済額を増額することによって代わりに低金利で融資を行うなど好条件でノンバンク系での金融サービスを利用できます。金利の面においても優遇されることから、結果的に返済総額がかなり減少するため、利用者にとっては嬉しい条件が満載の金融サービスです。ただ、はじめは頑張って高額の返済をする必要があります。

関連ページ

住宅ローンは総量規制の対象ではありません。
総量規制外のカードローンをピックアップして比較しています。金利や融資の限度額、即日融資への対応などいろいろな銀行カードローンを厳選しています。
自動車ローンも総量規制の対象ではありません。
総量規制外のカードローンをピックアップして比較しています。金利や融資の限度額、即日融資への対応などいろいろな銀行カードローンを厳選しています。
総量規制対象外の信用金庫カードローンの金利
総量規制外のカードローンをピックアップして比較しています。金利や融資の限度額、即日融資への対応などいろいろな銀行カードローンを厳選しています。
専業主婦が総量規制対象外の農協で借りれるか
総量規制外のカードローンをピックアップして比較しています。金利や融資の限度額、即日融資への対応などいろいろな銀行カードローンを厳選しています。