総量規制対象外となり、様々な面で優遇されているのが信用金庫や農協系のカードローンです。

 

ノンバンク系のキャッシングなどの金融商品の場合、貸付の限度額が年収の3分の1までという、いわゆる総量規制の対象となることがあります。しかし、同じようなローンであってもクレジットカードによる割賦であれば商品の購入に際しては総量規制対象外となることから、信販会社などは新規獲得に意欲を見せています。
一方、いわゆる消費者金融のカードローン、キャッシングなどは規制の対象であり、過去における過剰な融資のツケが回ってきたという見方もされています。充分な返済能力の有無を見極めることなく貸付を行い、多くの多重債務者を作り出してきたという背景があるからです。

 

一方、銀行や信用金庫、農協などは融資が本分とはいえ、審査にあたっては慎重に可否を判断してきたこともあり、規制の対象からは外されています。これには本当にお金を必要とする人たちが現実に存在している以上、なんでもかんでも融資はダメということにしては経済への悪影響もないわけではないことから外されているという側面もあるようです。

 

 

関連ページ

住宅ローンは総量規制の対象ではありません。
総量規制外のカードローンをピックアップして比較しています。金利や融資の限度額、即日融資への対応などいろいろな銀行カードローンを厳選しています。
自動車ローンも総量規制の対象ではありません。
総量規制外のカードローンをピックアップして比較しています。金利や融資の限度額、即日融資への対応などいろいろな銀行カードローンを厳選しています。
借り換えローンは限度額も高額で総量規制対象外
総量規制外のカードローンをピックアップして比較しています。金利や融資の限度額、即日融資への対応などいろいろな銀行カードローンを厳選しています。
専業主婦が総量規制対象外の農協で借りれるか
総量規制外のカードローンをピックアップして比較しています。金利や融資の限度額、即日融資への対応などいろいろな銀行カードローンを厳選しています。