総量規制の対象外になるカードローン

在籍確認の為に勤務先に電話する

総量規制対象外の銀行でも在籍確認の為に勤務先に電話する

キャッシングやカードローンを申し込む際には、銀行であれば貸金業法という法律の対象外ですから総量規制対象外となり、年収の3分の1以上のお金をキャッシングやカードローンで借りることができます。

 

しかし、キャッシングやカードローンと言った金融商品は、例え総量規制対象外の銀行であるとしても、借りる人個人の信用力によってお金を貸し出すことには変わりはありません。そのため、申込時に必ず住所・氏名・生年月日に加えて勤務先や勤続年数、収入状況などを聞かれますし調べられます。お金を貸す銀行としては、申し込みをした人がお金を返済してくれないと困るわけですから、審査の際には、申し込みをした人に充分な返済能力があるのか、定職についていて毎月安定した収入を得ているのかどうかを判断し、融資の可否や与信枠(限度額)を決定しなければならないからです。

 

総量規制対象外と言っても、このような制限はあるのです。

 

そうなると、中には適当な企業名を申込書に書いて申し込む無職の人もいます。しかしこれは絶対に良い結果にはつながりません。何故ならば、銀行は、申し込んだその人が本当に申告通りの会社に勤めているのかどうか、勤務先に電話をして確認をとるからです。

 

例え銀行の窓口でカードローンの申し込みをしている最中であり、本人が会社にいないことが分かり切っている場合でも、審査担当者は電話をかけて在籍確認を取ります。この在籍確認を嫌がる人もいますが、銀行からお金を借りる以上は避けては通れないところですから割り切りましょう。

 

また、在籍確認の電話が会社にかかるといっても、要件を具体的に話されることはありません。知人ということで個人名を名乗ってかけてくれます。そのあたりはプライバシーに配慮しますし、そのような確認をしていることが広まれば、誰もカードローンの申込みにはきませんから金融機関側も心得ています。このあたりは銀行のみならず消費者金融でカードローンの申し込みをする際も配慮されることです。